追憶 解説

第二次世界大戦終結から70年を迎えた2015年4月9日、天皇・皇后両陛下がパラオ共和国ペリリュー島の慰霊碑で戦没者を追悼された。日本軍約1万人が犠牲になったペリリュー島の最南端に建てられた「西太平洋戦没者の碑」に、日本から持参された白菊の花束を手向け、深々と一礼された後、海の先に望むアンガウル島にも拝礼された。

1944年9月15日から11月24日、ペリリュー島では70日に及ぶ激戦の末、日本軍、米国軍合せて1万を超す命がこの地に散った。余りにも悲惨で苛烈であったが故に、日米双方で語られる事がなく忘れられた戦い。

現代に残された資料映像、多角的な証言から綴る、ペリリュー島の「追憶」

本作は、米国防総省、米海兵隊歴史部、米国立公文書館に保存されている膨大な映像と、日本の自衛隊第8師団、NHKに残る貴重な資料により、ペリリュー島の真実が描き出される。これほどまでの膨大な日米双方からの資料映像が見られる作品はいままでに前例がなく、歴史的にも大変意味のある作品となっている。かつて血に染まった海岸線は美しい姿を取り戻したが、弾薬、戦車、司令部跡、島の至る所には戦争の痕跡が時代を越えて鎮座している。資料映像と現代のペリリュー島の風景で綴る映像により、70日間に及ぶペリリュー島の戦いの記憶が蘇る。

ペリリュー島の戦いを生き抜いた元日本兵、アメリカの元海兵隊兵士、島民の貴重なインタビューにより、そこで、その時、何が起き、「指揮官は、兵士は、民間人は、何を思ったか」と言う視点を通して日米に甚大な惨劇を生んだ戦場の島を見つめる。

ペリリュー島に散った玉砕戦で全軍を指揮した中川州男(くにお)大佐が、妻に宛てた手紙。

当時、日本軍守備隊を指揮した中川州男大佐は、「戦いには、負けると判っていても敗北が決するまで戦い続けなければならない戦がある。」と当時多くの戦場で行われた日本軍の“バンザイ玉砕”を最後まで認めなかった。無骨な武人であった中川大佐が戦陣から妻に宛てた手紙は、過酷な戦場に於いても家族を思う優しさが行間から溢れている。本作の原案となった「愛の手紙」~ペリリュー島玉砕~中川州男の生涯(升本喜年著)は、中川大佐の手紙を元にペリリュー島の玉砕を綴った、現代を生きる私たちが読むべき至極の一冊となっている。

美輪明宏の語りと、小林研一郎の鎮魂のピアノが美しきペリリュー島に木霊する
追憶 2016年11月5日公開

知的障害のある人たちがスポーツを通じ社会参加を目指すスペシャルオリンピックスを題材にしたドキュメンタリー映画『エイブル』『ホストタウン』『ビリーブ』そして『幸せの太鼓を響かせて~INCLUSION~』等、社会の根底を見据える優しい眼差しと共に、社会問題を提言するドキュメンタリー作品を多く手掛ける小栗謙一が監督。製作は日本映画界を代表する映画プロデューサーの奥山和由。炎のコバケンこと小林研一郎が音楽を担当。そして被爆体験、戦争体験を語り続けている美輪明宏の語りが、美しきペリリュー島に木霊する。

ペリリュー島の戦いとは――

パラオ共和国が親日国である背景―

パラオ共和国の南端に位置するペリリュー島。ミクロネシア連邦、マーシャル諸島共和国と共に、第一次世界大戦までドイツの植民地であったパラオ共和国は、ヴェルサイユ条約及び国際連盟の決定により、日本の委任統治の下に置かれ、多くの日本人が移住、1935年頃には島民の数より多い5万人を超える日本人が、これらの島々に住むようになっていった。

ペリリュー島に米国軍が迫ってきた時、島民たちの中には日本軍と共に戦いたいと進言するものもあった。しかし日本軍は決して共に戦う事を許さず、戦闘が始まる前に民間人をパラオ本島へと避難させた。よってこのペリリュー島の戦いでは、民間人の死傷者は出ていないと言われている。現在もパラオ共和国が親日であるのは、こういった背景が関係している。

ペリリュー島の戦いとは
ペリリュー島の70日間の戦い。その時、兵士たちは、何を想い、何を願ったのか

ペリリュー島の70日間の戦い。
その時、兵士たちは、何を想い、何を願ったのか―

1944年フィリピン奪還を悲願とする米国軍は、日本の信任委任統治領パラオ攻略に乗り出し、9月15日ペリリュー島上陸を果たす。その5ヵ月前の4月26日には、中川州男大佐率いる第二聯隊が上陸していた。中川大佐はこれまでに類を見ない水際陣地と復廓陣地の構築に取り掛かかり、熱帯の太陽の下、全島をトーチカ要塞とし、米軍の砲火から身を守る堅牢な洞窟陣地を築いていった。

中川大佐はアッツ島以降続けてきた組織的な「玉砕」を禁じ、米軍が当初「2~3日で終わる」と予想した戦闘は70日間に及んだ。物量では絶対不利の劣勢にありながらも、精神力に優る日本軍守備隊は、兵力の大半を失いつつも米軍に絶大なる損害を与えていった。その凄まじい戦いにより、守備隊は天皇陛下より多くの御嘉賞を賜り、ペリリュー島は「天皇の島」と呼ばれた。しかし日本軍1万人、米軍1千人を超える死者を出し、犠牲者の多さと過酷さから、ほとんど語られてくる事はなく、「忘れられた島」とも呼ばれている。